読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽音楽をあなたに

ジャンルにこだわることなくこれまで聞き逃してしまった音楽を改めて拾い上げる。抜けていたパズルのピースを埋めるような。

南佳孝 サウス・オブ・ザ・ボーダー

f:id:exoticmoog:20150228184301j:plain

1978年リリース

最近はYMOから端を発してジャパニーズポップスを聴く流れになっています。

あくまで流れに身を任せてサーフィンしているために到達地点はわからないのです。

今回、たどり着いたのはここです。南佳孝と言えば、はぴいえんどの解散後に

松本隆がデビューアルバムをプロデュースしたことがその筋の好きな人には有名

ですが、ここまでの流れでにより聴いたのはこのアルバムです。

1978年にリリースされた本作とトノヴァンの『ガーデニア』高橋幸宏

『サラヴァ』は必聴3部作です。

 このアルバムはYMO結成前の3名が参加しているだけでなく重要なキーマンに

なっています。坂本龍一が全編プロデュースだけでなくフェンダーローズを担当して

いてとても素敵な演奏をしています。編曲が素晴らしくセンスがよく南佳孝

楽曲を引き立てています。アルバムの最初から細野晴臣スティールパンが印象的

です。このアルバムは南佳孝の初期の名作としても有名なだけにとても聞き応えが

あります。