読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽音楽をあなたに

ジャンルにこだわることなくこれまで聞き逃してしまった音楽を改めて拾い上げる。抜けていたパズルのピースを埋めるような。

松任谷由実 OLIVE

f:id:exoticmoog:20150523182021j:plain

1979年リリース。ユーミン7枚目のオリジナルアルバム。

ユーミンというアーティストを初めて知ったアルバム。当時中1。

このアルバム収録のシングル"帰愁”をラジオで聴いて気になりましたが、

インターネットもなくレコード店でレコードを聴かせてもらう勇気もなく、

只只、見かけた雑誌の情報源からどんなアーティストなのかを想像していました。

 

荒井由実松任谷由実が同一人物だということも半年後にわかりました。

それほど当時の中1だった私の周辺にはまったくユーミンの情報はなくて

荒井由実と同一人物ということは母親から聴いてわかりました。

母親が意外にユーミンの事を知っていていろいろと聞きました。

 

この当時をユーミン

”自分にとってスランプ時期・不遇時期”という事を話していた通りに

シングルヒットから見放されていてメディアへの露出もありませんでした。

そんな中で ”帰愁” はシングルヒットを狙った曲だったと思いますが、

タイアップも無く埋もれてしまったようです。

それでもこのアルバムはオリコンチャート5位にはなっています。

でもユーミンにとって納得できないのでしょう。

コーラスアレンジは山下達郎

細野晴臣編曲がグルーヴィーな”冷たい雨”、多分、ドラムは高橋幸宏

自殺をした女性をテーマにした ”ツバメのように” のギターはサンタナのような

ギター。今剛かな?

バックは当時の最高峰が固めている。

1979年の”OLIVEツアー”のバックバンドはブレイク前のスクエア(T-スクエア)を従えていたそうです。

ユーミン一押しのグループだったそう。