読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽音楽をあなたに

ジャンルにこだわることなくこれまで聞き逃してしまった音楽を改めて拾い上げる。抜けていたパズルのピースを埋めるような。

アルカトラズ ライブ '83

 f:id:exoticmoog:20151021213519j:plain

 2010年リリース?

1983年10月、カリフォルニアで行ったライヴ音源。

初来日公演(行きました。)を前にして行ったこのライヴはアメリカのローカルFM局でオンエアーされたものらしいが、とにかく音がいい。

そしてこのブートレッグまがいのジャケット。貞子をイメージ?このセンスは微妙。

マーチンデニーなどのエキゾ系イージーリスニングのアルバムジャケットのよう。

20歳のイングヴェイのギター・プレイはみずみずしくもあり、そのテクニックはすでに神の領域だが、それにも負けていないのがグラハムのグッドコンディションヴォイス。これはボーカルがメインのアルバムだ。

活動期の公式アルバム”ライブセンテンス”よりもこちらのほうが断然良い。

演奏のパッションがすごくてライブ会場にいるようだ。

なぜか最後にボーナストラックとして、ジョージリンチ参加の”オールナイトロング”が入っていますが、これもなかなかいい。

イングヴェイのギターはワンパターンで飽きるので最後に正統的なハードロッキンなジョージのギターを聴くとやっはロックギターはクラシックスケールよりこっちかなとも思ってしまう。