読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽音楽をあなたに

ジャンルにこだわることなくこれまで聞き逃してしまった音楽を改めて拾い上げる。抜けていたパズルのピースを埋めるような。

大滝詠一 イーチタイム

f:id:exoticmoog:20150329105931j:plain

1984年リリース。

 

あの"A LONG VACATION"から3年後。

 

 

"EACH TIME"の時は邦楽に興味を失っていたから聴かなかった。

 

 

夏が似合わない人が日本人の夏の定番BGMとして崇拝される違和感。

 

 

別に夏のBGMの専門家ではない。

 

 

達郎も同様。

 

 

(以降、日焼けしたミュージシャンが現れ、夏サウンドを奏でることで

解決に向かっていく。)

 

 

このアルバムは流れとしては”ナイアガラトライアングルvol.2"が前に出ていたことで

 

存在が成り立つ。

 

 

"時計仕掛けのオレンジ"からここへの

”流れ”は線で繋がる。

 

 

ただ、ロングバケーションを越えられない。

 

 

だからこれ以降、

 

 

アルバム出せなくなるのも仕方ない。